2017衆院選「わたしの一票の理由」②

2017衆院選「わたしの一票の理由」大募集!

突然発表された、大義なき解散総選挙。さらに、希望の党の結党と民進党の合流、さらなる新党・立憲民主党の結成など、22日投開票を目前に状況は混乱をきわめています。しかしどんな状況でも、私たちは主権者として権利をきちんと行使しなければなりません。
ということで、「あなたの一票の理由」を教えてください! あなたは次の選挙で、何を基準に候補者や政党を選びますか?
いただいたご意見は、毎週水曜の更新時にサイト上に掲載していきます。

【10月2日〜10日に寄せられたご意見】


●鳴井勝敏さん

圧勝で舞い上がったのか

時間が経つに連れ、厚化粧で見えなかったコイケ氏の顔が見えてきた。現憲法を否定。特異な歴史観、無節操な政治手法。アベよりもさらに過激で独裁的な右よりの「希望の党」だ。加えて、コイケ氏の国民を舐めた物言い。いや人間を舐めている。都知事選、都議会選の圧勝でしっかり舞い上がってしまった様だ。立憲民主党が躍進して自民党と対峙して欲しい。希望の党が絶望の党になることを願っている。


●さくらさん

「排除」の言葉に嫌な気持ちに

小池さんが、民進党との合流にあたって「排除する」という言葉を使ったことに、とても嫌な気持ちになりました。「別の道を行く」とか「一緒にはやれない」とかではなく「排除」。根本にある考え方が見えたようで、こういう言葉を軽々しく使う人(や、それに同調する人たち)にはぜったいに投票したくない、と思いました。


●rei7955さん

もりかけ疑惑を隠蔽するための選挙

今の政治の問題はもりかけ疑惑の解明。それを避けるためにアベさんは小池氏&前原氏と相談し現在の状況になっています。資金と全国組織が足りない希望の党はその両方を持っている前原氏に相談し、人気のない民進党はそれに乗っかりました。民進党の議員も無職になるのは嫌だから続々と希望の党へ移りました。小池氏は出馬し、後任は野田聖子あたりを擁立し都民の不満を少しは和らげるでしょう。そして総理大臣になろうとしているのだから仕方ないと都民をナットクさせようとするでしょう。これはアベさんの目論見です。自民党の議席が減少し、その分が希望の党に移行すればいいのです。そうすれば自民、公明、希望、維新という保守政権ができ、憲法改正、安保法制堅持、原発推進に進みます。もりかけ疑惑は民進党が中心に追及していましたが、追及していた議員たちは希望の党に移っているので結局中途半端なものになり、共産党がいくら追及しても数の論理で押し切られます。もりかけ疑惑はロッキード事件を上回る戦後最大の疑獄事件です。それを隠蔽するためアベさんの打った手は小池氏に総理大臣の椅子を用意するという奇策です。だから小池さんは今頑張っています。前原氏もそれに手を貸してそのうち自民党に移るでしょう。もともと彼らは日本会議のメンバーでしたから、根っこは一緒です。初当選したときからの盟友です。総理の椅子を用意するほど、もりかけ疑惑は根が深いのです。希望の党に投票することはアベさんを助けることになるのは明白です。小池氏は明治憲法復活論者です。その意味でアベさんより極右です。反原発をいっていますがそれは票集めで、当選後はうやむやにするでしょう。結論は立憲民主党、社民党、共産党に投票です。


●しゅらさん

格差改善と子育て・福祉政策改善

護憲や安保議論も大事ですが大学の学費値下げや最低賃金の値上げ・非正規雇用と正規雇用の格差改善と子育てや福祉政策の改善を望みます。


●クロネコさん

政治家を信用せず1票を入れる

「政治家の言葉は信用できない」ということを、今回のドタバタで一層感じうんざりしたものですが、そもそも山本太郎さんが「政治家のことは信用するな、僕のことだって信用してはいけない」と常々集会などで言っていたことを思い出しました。ひるがえせば、政治家にお任せすることなく、主権者は自分でも調べたりウオッチしたり考えたりして、政治家を常に監視しつつ、1票を投じろ、ということなんでしょう。応援したい政治家や政党もあるけど、熱くなりすぎず冷静に見極め、選挙権はきちんと行使したいと思います。


●もんきーさん

小選挙区と比例

わたしの住んでる選挙区では、目下のところ候補者は3人。
共産と立憲民主と次世代の党(日本のこころ)
次世代の党の候補は、地元自治体議員の二世ぼんぼん元議員。
次世代の党だし問題外。
あとは共産、立憲民主。
共闘調整してくれれば、小選挙区は残った方に。
比例は、引いた方に。


 
 

たくさんのご意見、ありがとうございました。読んで、考えて、できれば周りの人たちと話をして、そして何より、選挙に行きましょう!