2017年5月25日

「マガジン9」とは?

憲法と社会問題のことをやってます。「マガジン9」の“9”が示す通り、ずばり憲法9条のことから始まりました。日本国憲法と私たちの生活のつながりについて考えたり、憲法に関わるさまざまな出来事や議論について、広く伝えるためのウェブサイトです。発足以来、多彩な企画や執筆者のコラムによる独自コンテンツをお届けしています。

  • 「マガジン9」のあゆみ

    ・2005年3月1日に「マガジン9条」として発足。

    発起人:石坂啓(漫画家)、上原公子(前国立市市長)、小山内美江子(脚本家)、香山リカ(精神科医)、姜尚中(東京大学教授)、きむらゆういち(絵本作家)、小林カツ代(料理研究家)、小室等(ミュージシャン)、斎藤駿(カタログハウス相談役)、佐高信(評論家)椎名誠(作家)、ピーコ(服飾評論家)、毛利子来(小児科医)、森永卓郎(経済アナリスト)、吉岡忍(ノンフィクション作家)、渡辺一枝(作家)、渡辺えり(劇作家/演出家/女優)
    自民党を中心に改憲への動きが活発化する中、9条をはじめ憲法について広く知ってもらうことを趣旨とするウェブマガジンとして立ち上がりました。2006年にネット上で展開した「マガ9国民投票」は大きな反響を呼び、マスメディアにも取り上げられました。

    ・憲法9条から25条や99条の問題へ

    その後、9条(平和憲法や安全保障)の問題だけでなく、25条(生存権)にかかわる貧困問題や労働問題、また99条にかかわる立憲主義についてなど、フィールドを徐々に広げながら活動を続けてきました。出版社とのコラボで連載コラムやシリーズ企画などが書籍化され、これまでに10冊以上が出版されています。

    ・2010年5月12日 「マガジン9」としてサイトリニューアル

    6年目を迎え、より使いやすく読みやすい「憲法と社会問題を考えるウェブマガジン」としてリニューアル。同時に名称を「マガジン9」と改めました。。読者と執筆者がリアルに出会える場として「マガ9学校」もスタートしました。

    ・2013年4月2日「一般社団法人」マガジン9と法人登記

    ・2017年5月17日 新「マガジン9」としてサイトリニューアル

    モバイルからも見やすく、SNSとの連携もしやすくするため、再度サイトをリニューアルしました。

Share This