2019年2月16日

阿武野勝彦さんに聞いた:ものの見方は一様ではない。「こんな見方もあるよ」と示したい

1961年、三重と奈良の県境の小さな村で起きた「名張毒ぶどう酒事件」。村の懇親会でふるまわれたぶどう酒に毒が混入していて、5人が死亡。「犯人」として逮捕された村人の1人・奥西勝さんは...

第120回:また杉並! 安倍政権反対の大規模デモが発生!(松本哉)

いま、安倍政権の悪政に耐えかねたおじいちゃんおばあちゃんたち老人衆が、「もう我慢なんねえ!」と、ついに腹に据えかねて束になって立ち上がろうとしている。これはすごい迫力だ。そう、何を隠...

第474回:麻生失言から振り返るロスジェネ論壇、そして現在。の巻(雨宮処凛)

「年を取ったやつが悪いみたいなことを言っている変なのがいっぱいいるが、それは間違い。子どもを産まなかったほうが問題なんじゃないか」おなじみの失言担当大臣・麻生太郎氏の発言である。2月3..
「言葉の海へ」鈴木耕

第63回:ほんとうに“日本は素晴らしい”のか?(鈴木耕)

以前ほど「ニッポンすごいですねえ」「素晴らしいニッポン」というようなTV番組は少なくなったようだが、それでもまだそんな類いの番組はある。別に、それはそれでかまわない。けれど、そんな番...

民主主義とは何か~安倍政権とメディア 講師:望月衣塑子氏(東京新聞・社会部記者)

2012年の政権交代後、安倍内閣は6年を超えました。この間、閣僚や閣僚の関係者が引き起こした様々な問題が明るみに出てきましたが、いずれも関係者が十分に責任を問われることがないままで...

『福島は語る』(2018年日本/土井敏邦監督)

「私自身は福島産のものを食べて応援したいけれど、孫にはちょっと……」このねじれた感情を抱えつつ8年。「甲状腺被爆の隠された真実」「個人被爆線量論文を巡る疑惑」などが浮上して、答えが...

「マガジン9」からの緊急のお願いです!

2005年3月に発足して以来、私たち「マガジン9」は14年間にわたって活動を続けてきました。アーカイブでご確認いただけるように、ほんとうに多岐にわたる言論空間を作り続けてきました。多..

第473回:立川生活保護廃止自殺事件、その後。の巻(雨宮処凛)

2015年12月、東京都立川市で、一人の男性が自ら命を絶った。その死から1年4ヶ月後、弁護士などによって「立川市生活保護廃止自殺事件調査団」が結成された。私もそのメンバーの一人である。こと...

第88回:リョーコー二等兵が咲かせた桜(三上智恵)

2月26日の沖縄県民投票は、選択肢を増やす折衷案で何とか全県で実施することになった。しかし、差し迫った自衛隊配備を問う石垣の市民投票は市議会で否決、等々、沖縄の基地をめぐる動きはいつも..

第9回:国民投票で成立する“買収罪”(南部義典)

今回は、国民投票で成立する買収罪について解説します。買収といえば、多くの方は、それが選挙の場面で行われるものをイメージするでしょう。①ある候補者が自分に投票してもらおうと、有権者に現..
「言葉の海へ」鈴木耕

第62回:タローがシンゾーにケンカを売った?(鈴木耕)

植木等さん、我々の世代なら知らない人はいない。1960年代、空前の人気を誇った、いわゆる国民的大スターだった。植木さんは「ハナ肇とクレージー・キャッツ」というバンドのギタリストだった..

日本における難民を巡る問題と入管収容問題の現状 講師:駒井知会氏

日々のニュースで取り上げられないことがないほど、世界中で深刻化している難民問題。遠い海外の話と思われがちですが、日本にも2017年には年間2万件近い難民認定申請がありました。日本は難民..

橋本治さんからの手紙(マガジン9編集部)

1月29日に70歳で亡くなられた作家の橋本治さん。マガジン9がまだ「マガジン9条」だった2005年に、「この人に聞きたい」というコーナーでご登場いただきました。私は、その時は取材にも原稿作..

「反緊縮」という選択肢──「薔薇マークキャンペーン」が始動(西村リユ)

財政赤字が膨らみ続ける「借金国家」のニッポン、増大する社会保障費を補うには、さらなる消費増税がどうしても必要……そんな言説が耳慣れたものになってずいぶん経ちます。まるで議論の余地のな..

第3回:学校ストライキ!中高生たちが起こす反気候変動の地殻変動(岸本聡子)

今回のレポートは、私が暮らす地元ベルギーの動きをお届けする。雪が残る1月24日木曜日、気温1度のベルギー首都ブリュッセルの中心部を中高生..


マガ9のメルマガ

メルマガ9

↑メールアドレスを入力して、ぜひ『メルマガ9』にご登録ください。毎週、更新ニュースを送らせていただきます。/Powered by まぐまぐ

登録解除はこちらから↓