2024年7月14日

第683回:都知事選。なぜ、石丸伸二氏が二位だったのか。の巻(雨宮処凛)

なんとも驚く結果だった。それは東京都知事選。午後8時ジャストに小池百合子氏が当確。のみならず、蓋を開けてみれば蓮舫氏を40万票近く上回り、石丸伸二氏が二位となっていたという逆転劇。このことに、多くの人がショックを隠せないでいる。...

第138回:選挙が終わった後に選挙特番をやるのが当たり前になってしまってよいのか(想田和弘)

先日の東京都知事選挙の様子を遠く牛窓から眺めながら、改めて痛感したことがある。マスメディア、とくにテレビが、報道機関としての責任をほとんど放棄しているのではないか、ということである。その最たるものが、選挙特番である。テレビ各局は…

第86回:2024年春・被災地ツアー報告──「物」が語りかけ、「ことば」が見せる情景(渡辺一枝)

双葉駅前のロータリーを回りながら、案内してくれる今野寿美雄さんは、オリンピックの聖火リレーがここを走ったことと、すぐ目の前の大きな建物は双葉町役場の仮設庁舎だということを説明してくれる。仮設とはいえ相当額の費用が費やされている…
「言葉の海へ」鈴木耕

第316回:いやはや……な総括(鈴木耕)

東京は猛烈な暑さである。湿度も高く、都内のあちこちで激しい稲妻が走り、ゲリラ雷雨が発生。まだ梅雨の時期だというのに、静岡では40度超にまで達したというし、ぼくの暮らしている府中市も、8日には39.2度、全国で2番目の高温だったというか…

災害復興法学のすすめ~被災者の声から新しい法律と防災教育をつくる~ 講師:岡本正氏

東日本大震災当初、弁護士として内閣府に勤務していた岡本正さんは「大災害のときに自分に何ができるのか」と無力感を覚えたと言います。しかし実は発災直後から、全国の弁護士たちが避難所などをまわり被災者の相談を聞きとっていました。そうし…

第682回:いろいろとタガが外れた都知事選〜「注目される」ためなら手段を選ばない人たち。の巻(雨宮処凛)

あと少しで都知事選の投票だ。今回の都知事選ほど「タガが外れた」光景を私は見たことがない。言わずもがな、悪ふざけを超えた候補者たちの存在だ。怪文書と化した選挙公報。「放送事故」と言われたいのが丸わかりの、だけど少しも笑えない、セン…

第85回:2024年春・被災地ツアー報告「閣僚で、帰還困難区域に入ったことがある人はいるのでしょうか」(渡辺一枝)

東日本大震災から10年後の2021年から、福島被災地ツアーを始めた。今年4月5日~7日に6回目のツアーを行った。2泊3日で、1泊目は小高の双葉屋旅館、2泊目はいわきの古滝屋に宿泊。集合は福島駅、解散は郡山駅だ。ガイドと運転は、いつも今…

第38回:寅さんが生きられなくなった世の中で。白い浴衣姿の「その人」のこと(小林美穂子)

「その人」の名前を私は知らない。遠い親戚だと両親から聞いていた。私が小学生の頃、その人は2度、我が家にやってきた。その人がやってくると、父は私と弟を寝室に引っ込めた。母は台所でつまみを作り続け、父がその人の相手をしていた。夜遅…
「言葉の海へ」鈴木耕

第315回:這ってでも投票所へ(鈴木耕)

次の日曜日(7月7日)が東京都知事選の投開票日である。もちろん、ぼくは投票に行く。最近は、期日前投票をする人がずいぶん増えたようだが、ぼくはいつも投票日当日に投票所へ赴く。まあ、それがぼくの流儀なのです。今回、ぼくの選挙区では、都…

能條桃子さん、さこうもみさんに聞いた:政治のジェンダー平等を目指して、生きやすい社会を地域から!

現在、市区議会における女性議員の割合は約18%、町村議会ではわずか約12%(2024年3月 内閣府資料)。世界経済フォーラムが発表した「ジェンダーギャップ指数2024」でも、日本の政治分野は146ケ国中113位と低迷し続けています。若い世代の声…

第681回:都知事選、地方出身者の都民の一人として思うこと。の巻(雨宮処凛)

都知事選の投開票日まであと2週間を切った。立候補しているのは、過去最多の56人。そんな都知事選告示の少し前、東京都の合計特殊出生率は、この8年で1.24から0.99まで下がったことが報じられた。また6月20日には、1975年生まれで子どものいな…
「言葉の海へ」鈴木耕

第314回:都知事選、この人だけは勘弁してほしい(鈴木耕)

都知事選が盛り上がっている。何しろ56人もの候補者が乱立、しかも候補者ポスター掲示板のデタラメな使い方まで話題になっている。テレビ各局は面白おかしく騒ぎ立てるが、都知事選の本質などは、どっかに置き忘れたままだ。「小池先行、追う蓮舫…

【寄稿】中学校新教科書で戦争と平和・憲法の学びはどうなる? (石山久男)

2025年度から使用される中学校教科書の検定結果が公表されました。今回の検定では、歴史修正主義的な発言を続けてきた作家の竹田恒泰氏が代表を務める「令和書籍」の歴史教科書が初めて合格したことが話題になっています。そこにはどんな内容が書…

第124回:“慰霊の日”は誰のため?~沖縄県庁が事前に掲示物・配布物チェック~(三上智恵)

私は自分の耳を疑った。沖縄県が、市民団体の掲げる横断幕や配布物の内容を事前にチェックするなんて、これまで聞いたことがない。そんなお達しが紙にまで書かれて渡されていた。国が、ではない。沖縄県が。慰霊の日の行動に関してなぜ沖縄県庁に…

第137回:「AIゆりこ」と「答弁拒否」に抱く素朴な疑問(想田和弘)

ソーシャルメディアで「AIゆりこ」なるものの動画を目にしたとき、都知事選を前に、誰かが小池百合子都知事を揶揄するパロディ動画を作ったのだろうと、つい誤解した。なぜならAIとは、「人間でなくてもできる仕事を、人間の代わりにするもの」で…


マガ9のメルマガ

メルマガ9

↑メールアドレスを入力して、ぜひ『メルマガ9』にご登録ください。毎週、更新ニュースを送らせていただきます。/Powered by まぐまぐ

登録解除はこちらから↓