2020年10月22日
ホーム マガ9対談

マガ9対談

作家、政治家、映画監督、弁護士、ミュージシャン…ときに意外な組み合わせで、さまざまなテーマを語り合う、マガジン9ならではの対談コーナーです。

内田樹さん×鈴木耕さん:(その1)日本が主権を取り戻さない限り、沖縄の基地問題は解決しない

憲政史上最長の7年8カ月続いた安倍前政権は、全国の米軍専用施設の約7割が集中する沖縄に対して、非常に冷淡な政権だったといえます。選挙や県民投票で何度民意が示されても、それを無視するよう...

雨宮処凛さん×太田啓子さん(その2):「誰かを叩かなければもたない社会」を変えていくために

SNSなどインターネット上での誹謗中傷は、ますます深刻な状況になっています。その中でも、顕著なのが「モノを言う女性」への嫌がらせ。女性を対象にした「オンライン暴力」ともいえる行為は、日...

雨宮処凛さん×太田啓子さん(その1):なぜ「モノを言う女性」がSNS上で叩かれるのか

SNSなどインターネット上での誹謗中傷は、ますます深刻な状況になっています。その中でも、特に「モノを言う女性」への嫌がらせは顕著です。こうした嫌がらせが広がる背景には何があるのか、法…
今村登さん×川口有美子さん:障害者サービスの現場から――コロナ禍での「自助努力」と「命の選別」への不安

今村登さん×川口有美子さん:障害者サービスの現場から――コロナ禍での「自助努力」と「命の選別」への不安

複数の障害者団体が「新型コロナウィルス対策における障害のある者への人権保障に関する要望」を内閣総理大臣あてに提出しました。人工呼吸器の不足や医療崩壊が叫ばれるなかで、諸外国で起き始め…

想田和弘さん×安田菜津紀さん(その2)広がる全体主義の危険性。それでも、希望は必ずある

『精神0』公開を前に広がった、新型コロナウイルス感染拡大の危機。それは、私たちの生活に大きな影響を及ぼしています。政府の施策は? ここから、世の中の空気はどうなっていくのか?………

想田和弘さん×安田菜津紀さん(その1)『精神0』と「仮設の映画館」。「映画の経済」を守るために

想田和弘監督の最新作映画『精神0』は、2008年に公開された映画『精神』に登場する精神科医の山本昌知さんと、その周囲の人たちを撮影したドキュメンタリー。長年、山本医師を支えてきた妻の芳子...

寺脇研さん×前川喜平さん:教育基本法改正、脱ゆとり教育、道徳教育…今、日本の「教育」はどうなっているのか

「教育の憲法」とも位置づけられ、この国の教育のあり方を定める「教育基本法」が、多くの反対の声を押し切る形で「改正」されてから13年あまり。この間、小中学校での道徳教育「教科化」をはじめ...

北原みのりさん×松尾亜紀子さん:性暴力のない社会へ、声をあげることから変えていく

東京駅からまっすぐ伸びる行幸通り。毎月11日夜、広々とした歩道には、花や「#MeToo」「#WithYou」のプラカードを手に数百人が集まります。2019年3月に4件続いた性暴力事件の無罪..

メヘルダード・オスコウイさん×中村すえこさん:罪を犯して収容された少女たち――イランと日本に共通する、孤立や虐待という背景

イランのドキュメンタリー映画『少女は夜明けに夢をみる』は、強盗や殺人、薬物使用、売春などの罪で更生施設に収容された少女たちにインタビューを行った作品です。無邪気に笑い合う、まだ幼さの...

田中悠輝さん×今村登さん:障害者の「自立生活運動」を知れば、今から自分も声をあげたくなる

障害のある人の「自立生活」とはどういうことでしょうか? それは、食事や入浴を一人ですることでもなく、自分でお金を稼ぐことでもありません。ヘルパーの介助を受けても、障害年金の給付を受け...