2020年8月4日
ホーム 著者 Posted by マガジン9編集部

マガジン9編集部

マガジン9編集部
326posts
マガジン9編集部

Posted by マガジン9編集部

『なぜ君は総理大臣になれないのか』(2020年日本/大島新監督)

2017年、無所属になってからは、どこか吹っ切れたような国会での答弁が印象的だった「統計王子」こと衆議院議員小川淳也(現在は立憲民主党・無所属フォーラム)。「こんな国会議員がいたんだ」と、まわりを驚かせ、注目を浴びるようになった小…

マガ9サポーター「9月中に200人!」キャンペーン

マガジン9ではこの夏、月々500円・1000円のカンパで活動を支えてくださるマンスリーサポーターの大募集キャンペーンを行います。「誰でも、無料ですべてのコンテンツが読める」をモットーにして…

マガ9カンパ企画「9をはこぶ鳩のタオルハンカチ」1枚につき2,000円以上でお分けします!

憲法9条の「9」をあちこちでアピールしたい! マガ9のコンテンツも充実させたい! ということで、「9をはこぶ鳩のタオルハンカチ」を作りました。9はもちろん9条の9、誰もが望む「平和で..

【今こそ読みたい 厳選!マガ9アーカイブス】伊藤真のけんぽう手習い塾:日の丸や君が代に思いを寄せるのは自由だが、国の強制が問題(2006年9月27日公開記事)

7月20日の東京新聞朝刊を見て、思わず息をのみました。今年3月に行われた、東京都立学校253校(当時)のすべての卒業式で、「君が代」が斉唱されていたことがわかった──という記事が、一面に載...

『空腹ねずみと満腹ねずみ』(ティムール・ヴェルメシュ著 森内薫訳/河出書房新社)

ドイツの民放報道番組『苦界に天使』のリポーターを務めるタレント、ナデシュ・ハッケンブッシュが、アフリカにある世界最大の難民キャンプに渋々取材に向かうところから話は始まる。彼女に同行...
田中優さんインタビュー:戦争に向かう金の流れを変えよう

【今こそ読みたい 厳選!マガ9アーカイブス】田中優さんインタビュー:戦争に向かう金の流れを変えよう(2007年7月11日公開記事)

6月7日、メガバンクの三菱UFJフィナンシャル・グループが、企業に対する投融資指針を改定し、核兵器の製造への融資を禁止すると明記したという記事が出ていました。昨年1月には、りそなホールディ…
東京都知事選における「異常な事態」(西村リユ)

東京都知事選における「異常な事態」(西村リユ)

次の日曜日は東京都知事選。先日、告示直後の新聞に載っていた5人の「主要な候補者」の並びを見て、ドキリとしました。山本太郎、小池百合子、宇都宮健児、小野泰輔、立花孝志。私が知る限り、その中の半数以上──3人が、「隠すことなく差別的...

【今こそ読みたい 厳選!マガ9アーカイブス】大田昌秀さんインタビュー:戦争が終わっていないのに、なぜ次の戦争を用意するのか(2005年8月10日公開記事)

昨日、6月23日は、沖縄の「慰霊の日」でした。75年前、沖縄戦における日本軍の組織的抵抗が終結したとされる日ですが、そこで人々の苦しみが終わったわけではありません。その後も多くの人たちが…
『女帝 小池百合子』(石井妙子著/文藝春秋)

『女帝 小池百合子』(石井妙子著/文藝春秋)

「正直者はバカをみる」。彼女はそう思いながら上だけを向いて、これまでの人生を生きてきたのだろうか。本書は政治家・小池百合子氏の評伝であるが、彼女の輝かしい学歴――カイロ大学を首席で卒業したこと――が、あまりにも疑わしいもので...
鶴田敦子さんインタビュー: 道徳の「教科化」が意味するもの

【今こそ読みたい 厳選!マガ9アーカイブス】鶴田敦子さんインタビュー: 道徳の「教科化」が意味するもの(2017年12月27日公開記事)

今月15日、埼玉県さいたま市で、全市立学校168校の児童・生徒約10万人が、新型コロナウイルス対応に追われる医療従事者への「感謝の意を示す」ために、教室などで一斉に拍手を送る──という試み...