2024年5月23日
ホーム 伊藤塾 明日の法律家講座レポート

伊藤塾 明日の法律家講座レポート

毎月、伊藤塾で行われる「明日の法律家講座」の講義の概要や要点をレポートしてお届けします。

冤罪を学び、冤罪に学ぶ~元裁判官の弁護士による冤罪研究・救済の取組み~講師:西 愛礼氏

ある日突然、身に覚えのない容疑をかけられ、逮捕・拘留される。無実を主張しても聞いてもらえず、ついに起訴・有罪判決へ──。そんなことが、自分や家族の身に起こったらどうしますか? 「冤罪」についての研究を続ける元裁判官で弁護士の…

誰ひとり取り残されない社会を目指して~弁護士として、議員として~ 講師:打越 さく良氏

弁護士の打越さく良さんは、大学では教育学を学び、その後弁護士に転じて、選択的夫婦別姓訴訟弁護団、DVやヘイトスピーチ被害者の代理人を務めるなど、女性やマイノリティの人権救済に尽力してこられました。そして2019年からは立憲民主党参…

君たちは法曹としてどう生きるか〜企業法務弁護士の道のり 講師:三谷革司氏

グローバル企業のM&A、スタートアップ企業の法的支援など、その華々しいイメージから弁護士を目指す学生たちの注目を集める企業法務弁護士。実際にどのような仕事をしているのでしょうか。アメリカ留学を経て、企業法務の分野で20余年のキャリア…

LGBTの法律問題を考える 〜トランスジェンダーと性同一性障害特例法を中心に〜講師:仲岡しゅん氏

ここ数年、「LGBT」という言葉をよく耳にするようになりました。性的少数者が抱える問題が広く知られるようになったのはよいことですが、一方で誤解も少なくありません。中でも、出生時の性と性自認が異なるトランスジェンダーについては「趣味…

あなたの“つらい”を“笑顔”に ~弁護士マジシャンとして~ 講師:小野 智彦氏

本業の弁護士のかたわら、プロのマジシャンとして活躍する小野智彦さん。「人生において弁護士が呼ばれるのは、離婚、死亡、倒産など悪いとき。対してマジシャンが活躍するのは結婚式、誕生日、設立パーティなど良いとき。共通しているのは人を笑…

福島原発、裁かれないでいいのか~改めて原因と責任を検証する~ 講師:古川元晴氏

2011年3月11日、福島第一原子力発電所は巨大な地震にともなう津波に襲われ、全電源を喪失して甚大な被害をもたらしました。このような大惨事を引き起こした国や東京電力の責任を問うさまざまな裁判は、今なお続いています。福島原発事故はなぜ防…

法律も社会も変えられる~弁護士、国会議員、明石市長として~ 講師:泉房穂氏

兵庫県の南に位置する明石市は、ここ数年、数々の画期的な政策で全国的な注目を浴びるようになり、「関西で住みたい街ランキング」の圏外から3位にまで急上昇しました。その牽引役が前市長・泉房穂さん。医療費、中学校の給食など「5つの無償化…

リーガルマインドを携えて 多様なキャリアを切り開こう! 講師:菅野 志桜里氏

衆議院議員時代、憲法、外交から待機児童問題まで、国会で舌鋒鋭い質問を時の総理に突きつけていた菅野志桜里さん。議員になる前は検察官、そして現在は弁護士、一般社団法人国際人権プラットフォーム代表理事として、幅広く活躍されています。…

憲法訴訟の実務と代理人の役割を考える~旧優生保護法事件(大阪)における第二審逆転勝訴を題材としつつ~ 講師:吉原秀氏

旧優生保護法は「不良な子孫の出生を防止する」という目的のもと、疾患や障害のある方々に対して強制不妊手術を行うことを認めた法律です。近年は、被害者の方々が全国で声をあげて、国に賠償を求める裁判を起こしており、請求を認容する判決も相…

在外日本人国民審査権訴訟大法廷判決とその行く先 講師:吉田 京子氏

昨年5月25日、在外日本人国民審査権に関する大法廷判決が出ました。15人の最高裁判事全員一致による戦後11件目の法令違憲判決で、弁護士の吉田京子さんはこの訴訟を代理人として闘われました。また、昨年8月には受刑者の選挙権を制限する公職…