2022年11月30日
ホーム 著者 Posted by 三上 智恵

三上 智恵

三上 智恵
46posts
三上智恵(みかみ・ちえ): ジャーナリスト、映画監督/東京生まれ。1987年、毎日放送にアナウンサーとして入社。95年、琉球朝日放送(QAB)の開局と共に沖縄に移住。同局のローカルワイドニュース番組のメインキャスターを務めながら、「海にすわる〜沖縄・辺野古 反基地600日の闘い」「1945〜島は戦場だった オキナワ365日」「英霊か犬死か〜沖縄から問う靖国裁判」など多数の番組を制作。2010年、女性放送者懇談会 放送ウーマン賞を受賞。初監督映画『標的の村~国に訴えられた沖縄・高江の住民たち~』は、ギャラクシー賞テレビ部門優秀賞、キネマ旬報文化映画部門1位、山形国際ドキュメンタリー映画祭監督協会賞・市民賞ダブル受賞など17の賞を獲得。14年にフリー転身。15年に『戦場ぬ止み』、17年に『標的の島 風(かじ)かたか』、18年『沖縄スパイ戦史』(大矢英代共同監督)公開。著書に『戦場ぬ止み 辺野古・高江からの祈り』(大月書店)、『女子力で読み解く基地神話』(島洋子氏との共著/かもがわ出版)、『風かたか 『標的の島』撮影記』(大月書店)など。2020年に『証言 沖縄スパイ戦史』(集英社)で第63回JCJ賞受賞。 (プロフィール写真/吉崎貴幸)

Posted by 三上 智恵

第113回:与那国島に戦車が走る~打ち砕かれた自立ビジョン~(三上智恵)

「与那国海底遺跡」をご存じだろうか。日本最西端の与那国島の海に、ムー大陸かアトランティスかと想像を掻き立てる神殿のようなものが沈んでいる。自然の造形物か。はたまた未知の文明の痕跡なのか? この海底構造物は衆目を集め、『神々の…

第112回:南西諸島はすでに戦場なのか?―日米軍事演習キーン・ソード始まる(三上智恵)

今月10日から、過去最大規模の日米共同軍事演習「キーン・ソード23」が始まっていることを、いったいどのくらいの日本人が意識できているだろうか? 日米合わせて3万6千人が参加、艦艇約30隻、航空機約270機が投入され、宇宙・サイバー・電…

第111回:冷笑する者と現場に佇む者~自衛隊弾薬庫疑惑に揺れる辺野古で(三上智恵)

「座り込み抗議が誰も居なかったので、0日にした方がよくない?」 辺野古のキャンプ・シュワブゲート前での座り込みが3000日の節目を迎えた数日後。「座り込み抗議3011日」と表示された看板の横でピースサインをして笑う男性がこうツイートし…

第110回:シェルター? それが助かる道ですか?~政府、先島を優先に設置検討~(三上智恵)

9月16日、沖縄の二つの新聞にはまた衝撃的な見出しが躍った。〇先島に避難シェルター 〇政府検討 有事想定 〇石垣市など複数候補地 政府は2023年度の概算要求で、武力攻撃に耐えうるシェルターの調査費を計上した。台湾情勢が緊迫しているとし…

第109回: Call My Name~死者と共鳴する慰霊の時間~(三上智恵)

毎年、新たな戦没者が見つかり、今なお刻銘者の数が増え続けている沖縄の「平和の礎(いしじ)」。軍人・民間人・外国人・敵味方も一切関係なく、沖縄戦で命を落としたすべての人の名前を刻んだモニュメントだが、現在、24万1687人となったその…

第108回:「日本人になれない」からの卒業~なぜ復帰50年を祝えないのか~(三上智恵)

「岸田は帰れ。聞く耳が自慢なのに、なぜ沖縄の声は聞かないの?」「復帰運動をあんなに頑張ったのに、50年目でこの状況はやるせない。でも認めるわけにはいかないから、なんとしても沖縄の魂を見せつけないと!」。政府と沖縄県が復帰50年の式典…

第107回:70回目の「屈辱の日」@辺戸岬(三上智恵)

沖縄本島最北端までドライブした人なら必ず訪れるであろう、辺戸岬。車を降りて散策すれば、遠く与論島を望む崖っぷちに立つ石碑の前で記念写真を撮った記憶があるだろう。ところでその碑は、「祖国復帰記念碑」ではなくて「祖国復帰闘争碑」だと…

第106回:宮古島にミサイル搬入と沖縄各地で加速する要塞化の動き(三上智恵)

「今年のオリンピックが終わったら国内は一気にキナ臭くなる」と、私は去年の今頃から言い続けてきたが、果たしてそれは現実になってしまった。少なくとも私の住む沖縄をはじめ南西諸島は、格段に空気が変わってきた。11月の沖縄県内紙は、連日自…

第105回:なぜ私たちが「盾」にならなければいけないのか? ~奄美大島自衛隊配備リポート~(三上智恵)

「なぜ私たちがアメリカの“シールド“、盾にならないといけないのか、憤りを感じますし、日本政府もそれを知りながら着々とそこに向かっていることに強い危機感を覚えます」。奄美大島に住む60代の男性は、悔しそうに訴えた。奄美大島では6月26日…

第104回:嘆きの雨止まず~沖縄戦遺骨問題と慰霊の日~(三上智恵)

とにかく尋常ではない雨だった。沖縄に住んで27回目の慰霊の日(6月23日)だが、こんな台風並みの雨に打たれながら摩文仁に立ったことは一度もない。例年、不思議と慰霊の日の直前には梅雨は終わるものだった。今年は梅雨入りも早かったという…