2020年1月26日
ホーム 著者 Posted by 鈴木耕

鈴木耕

鈴木耕
110posts
すずき こう: 1945年、秋田県生まれ。早稲田大学文学部文芸科卒業後、集英社に入社。「月刊明星」「月刊PLAYBOY」を経て、「週刊プレイボーイ」「集英社文庫」「イミダス」などの編集長。1999年「集英社新書」の創刊に参加、新書編集部長を最後に退社、フリー編集者・ライターに。著書に『スクール・クライシス 少年Xたちの反乱』(角川文庫)、『目覚めたら、戦争』(コモンズ)、『沖縄へ 歩く、訊く、創る』(リベルタ出版)、『反原発日記 原子炉に、風よ吹くな雨よ降るな 2011年3月11日〜5月11日』(マガジン9 ブックレット)、『原発から見えたこの国のかたち』(リベルタ出版)、最新刊に『私説 集英社放浪記』(河出書房新社)など。マガジン9では「言葉の海へ」を連載中。ツイッター@kou_1970でも日々発信中。

Posted by 鈴木耕

「言葉の海へ」鈴木耕

第104回:みんな、どこへ行ってしまったのだろうか?(鈴木耕)

『遠くへ行きたい』というテレビの旅番組、ずいぶんな長寿番組で、いまも続いているらしい。ぼくは、最近はまるで見てないけれど、かつては毎回楽しみにしていた。永六輔作詞・中村八大作曲の黄..
「言葉の海へ」鈴木耕

第103回:「単純二分法」の闇(鈴木耕)

昼時、ある食堂でラーメンをすすりながら、何気なくテレビを観ていた。ワイドショーが「ゴーン被告の国外逃亡」の特集をやっていた。相変わらずだなあ…とつくづくイヤになった。例によって“専門家”...
「言葉の海へ」鈴木耕

第102回:2020年、『遠い夜明け』(鈴木耕)

年が明けたからってちっともめでたくなんかない。それどころか、妙にキナ臭いニュースで始まった新年である。トランプ大統領が、イランへ新年の爆弾プレゼント。イランとアメリカの間の緊張関係が...
「言葉の海へ」鈴木耕

第101回:初夢は「悪夢」ではなく……(鈴木耕)

このコラム、先週で100回目だった。だから「101回目は新年からでいいんじゃね?」と思っていた。今週は、ぼくも「スタッフが選ぶ2019年の3大ニュース」という特集に、ちょっと悲しい原稿も書い...
「言葉の海へ」鈴木耕

第100回:ヘンなの! 少数派が多数派?(鈴木耕)

なんと、このコラムも100回目の節目である。コツコツと書き続けてきて、とうとう100回目を達成。小林一茶ではないけれど「これがまあ つひの栖か 雪五尺」というのが、ぼくの今の心境です。ちょ...
「言葉の海へ」鈴木耕

第99回:またこういう文章を書かなければならないことが、とても悲しい。 中村哲さんの思い出。(鈴木耕)

つい最近、木内みどりさんへのお別れをこのコラムで書いたばかりなのに、今度は、中村哲さんにさよならを言わなければならない。こころの底から、淋しいなあ…。ぼくは、中村さんとは知り合いというほどではなかったが、2度、インタビューでお目に..
「言葉の海へ」鈴木耕

第98回:この国で、いったい誰が幸せなのか?(鈴木耕)

ぼくのツイートを引用して「黙れパヨクジジイ! さっさとあの世へいけ!」というツイートがあった。何が気に障ったのか知らないが、ひどい人もいるものだと思っていたら、いつの間にか削除され...
「言葉の海へ」鈴木耕

第97回:ぶっ飛び ウソまみれ!(鈴木耕)

それにしたって、ひどすぎる。ニュースを見るたびに、ぶっ飛んでしまう。デタラメもここまでくると、もう笑うしかないが、やはり笑っている場合じゃない。政権が腐りきっているんだ!その政権に...
「言葉の海へ」鈴木耕

臨時便:みどりさん、「またね。」は淋しすぎるよ……(鈴木耕)

ほんの一カ月前、10月23日のこと。ぼくは、午後2時から燐光群の舞台『なにもおきない』(坂手洋二・作)を、梅ケ丘の小さな小屋で観た。その後、6時半から映画『i-新聞記者ドキュメント-』(森達也監督)の特別試写会に行く予定だった。飯田橋...
「言葉の海へ」鈴木耕

第96回:安倍疑惑に、ぼくならこう迫る!(鈴木耕)

安倍首相の「桜を見る会」が大スキャンダル化している。さすがの安倍首相も頬っかぶりはできず、ついに15日夜、記者団の“ぶら下がり”(こんなのは記者会見とは言えないが)に応じざるを得なくなっ...