2019年12月8日
ホーム 著者 Posted by 鈴木耕

鈴木耕

鈴木耕
104posts
すずき こう: 1945年、秋田県生まれ。早稲田大学文学部文芸科卒業後、集英社に入社。「月刊明星」「月刊PLAYBOY」を経て、「週刊プレイボーイ」「集英社文庫」「イミダス」などの編集長。1999年「集英社新書」の創刊に参加、新書編集部長を最後に退社、フリー編集者・ライターに。著書に『スクール・クライシス 少年Xたちの反乱』(角川文庫)、『目覚めたら、戦争』(コモンズ)、『沖縄へ 歩く、訊く、創る』(リベルタ出版)、『反原発日記 原子炉に、風よ吹くな雨よ降るな 2011年3月11日〜5月11日』(マガジン9 ブックレット)、『原発から見えたこの国のかたち』(リベルタ出版)、最新刊に『私説 集英社放浪記』(河出書房新社)など。マガジン9では「言葉の海へ」を連載中。ツイッター@kou_1970でも日々発信中。

Posted by 鈴木耕

「言葉の海へ」鈴木耕

第98回:この国で、いったい誰が幸せなのか?(鈴木耕)

ぼくのツイートを引用して「黙れパヨクジジイ! さっさとあの世へいけ!」というツイートがあった。何が気に障ったのか知らないが、ひどい人もいるものだと思っていたら、いつの間にか削除され...
「言葉の海へ」鈴木耕

第97回:ぶっ飛び ウソまみれ!(鈴木耕)

それにしたって、ひどすぎる。ニュースを見るたびに、ぶっ飛んでしまう。デタラメもここまでくると、もう笑うしかないが、やはり笑っている場合じゃない。政権が腐りきっているんだ!その政権に...
「言葉の海へ」鈴木耕

臨時便:みどりさん、「またね。」は淋しすぎるよ……(鈴木耕)

ほんの一カ月前、10月23日のこと。ぼくは、午後2時から燐光群の舞台『なにもおきない』(坂手洋二・作)を、梅ケ丘の小さな小屋で観た。その後、6時半から映画『i-新聞記者ドキュメント-』(森達也監督)の特別試写会に行く予定だった。飯田橋...
「言葉の海へ」鈴木耕

第96回:安倍疑惑に、ぼくならこう迫る!(鈴木耕)

安倍首相の「桜を見る会」が大スキャンダル化している。さすがの安倍首相も頬っかぶりはできず、ついに15日夜、記者団の“ぶら下がり”(こんなのは記者会見とは言えないが)に応じざるを得なくなっ...
「言葉の海へ」鈴木耕

第95回:「日本的システム」の崩壊(鈴木耕)

羽田空港ターミナルビルで突然の断水。第2ターミナルビルは11月6日から8日まで丸3日間、まったく水が供給されなかった。レストランは営業停止に追い込まれ、トイレも使えない。すべてが近代的な..
「言葉の海へ」鈴木耕

第94回:モラルも何もあるもんか!(鈴木耕)

“日本スバラシイですね派”の方たちには申し訳ないのだけれど、ぼくにはこの国が、いまや「モラルハザード」に陥っているとしか思えない。とても“スバラシイ”なんて言えない。「モラルハザード=Moral Hazard」とは、本来は経済的用語なのだが、日本...
「言葉の海へ」鈴木耕

第93回:日本の危険な曲がり角(鈴木耕)

とても気になるニュースがある。朝日新聞がやや大きく取り上げた記事だ。しかし、他のマスメディアはなぜかあまり熱心にフォローしない。だがこれは、日本という国が危険な曲がり角をとうとう曲...
「言葉の海へ」鈴木耕

第92回:あらためて「東京オリンピック」反対論(鈴木耕)

かつて、ぼくの本『目覚めたら、戦争。』を出してくれた出版社から、1冊の本が送られてきた。『オリンピックの終わりの始まり』(谷口源太郎、コモンズ、1800円+税)という本である。この「コモ…
「言葉の海へ」鈴木耕

第91回:企業崩壊、国家没落(鈴木耕)

10月4日、「デモクラシータイムス(略称デモタイ)」という市民ネットTV局の番組「ウィークエンドニュース」の司会をした。3人の出演者を招き、その週の出来事を中心に議論するという番組。ぼ…
「言葉の海へ」鈴木耕

第90回:ぼくが毎日新聞を止めた理由(鈴木耕)

朝起きて、新聞を取りに行く。あれ? 今朝は新聞が軽いな。よく確かめると、新聞が2部しか配達されていない。あ、そうか。今日は10月1日。今日から毎日新聞は配達されて来ないんだ…。ぼくはず…