2019年3月22日
ホーム 著者 Posted by 鈴木耕

鈴木耕

鈴木耕
71posts
すずき こう: 1945年、秋田県生まれ。早稲田大学文学部文芸科卒業後、集英社に入社。「月刊明星」「月刊PLAYBOY」を経て、「週刊プレイボーイ」「集英社文庫」「イミダス」などの編集長。1999年「集英社新書」の創刊に参加、新書編集部長を最後に退社、フリー編集者・ライターに。著書に『スクール・クライシス 少年Xたちの反乱』(角川文庫)、『目覚めたら、戦争』(コモンズ)、『沖縄へ 歩く、訊く、創る』(リベルタ出版)、『反原発日記 原子炉に、風よ吹くな雨よ降るな 2011年3月11日〜5月11日』(マガジン9 ブックレット)、『原発から見えたこの国のかたち』(リベルタ出版)、最新刊に『私説 集英社放浪記』(河出書房新社)など。マガジン9では「言葉の海へ」を連載中。ツイッター@kou_1970でも日々発信中。
「言葉の海へ」鈴木耕

第57回:破壊するために、創造する…(鈴木耕)

本を読んだり映画を観たりしていると、時折、「おっ!」と思うような一節に出会うことがある。先日も、少し古いSF映画を観ていたら、そんなセリフがあった。『フィフス・エレメント』(リュック....
「言葉の海へ」鈴木耕

第56回:沖縄、「いじめの光景」(鈴木耕)

ぼくは何かを語るときには、あまり「たとえ話」を使わない。「たとえ話」は面白いことが多いけれど、本筋から微妙にずれてしまい、なんだか事実の中身とは違うことになってしまいがちだからだ...
「言葉の海へ」鈴木耕

第55回:2018年、ぼくのニュースファイルから その3(鈴木耕)

今年の出来事の総まとめ、とは言いながら、これを書いているのは12月11日。だから今回は、2018年9月1日~12月11日のニュースファイルです。今回はとくに、水道法や入管・難民法など...
「言葉の海へ」鈴木耕

第54回:2018年、ぼくのニュースファイルから その2(鈴木耕)

今年を振り返る主な出来事、その2〔5月~8月編〕です。あまりにひどいニュースが多すぎて、忘れてしまいたいことも多いでしょうけれど、過去は現在へ、そして現在は未来へつながります。憶えてお..
「言葉の海へ」鈴木耕

第53回:2018年、ぼくのニュースファイルから その1(鈴木耕)

もう1カ月ほどで、今年も終わる。ぼくは新聞3紙(朝日、毎日、東京)を購読していて、毎朝1時間以上をかけて気になった記事を切り抜く。それは、あの「3.11」直後から始めた習慣で、もう8年近く...
「言葉の海へ」鈴木耕

第52回:「にほん」と「ニッポン」と…。(鈴木耕)

ぼくはスポーツが大好きだ。かつては野球もよくやった。もう大昔のことだが、編集部のチームではエース投手だったんだぜ。チーム名は「明星ASEDUCKS(アセダックス)」といった。まあ...
「言葉の海へ」鈴木耕

第51回:高齢ネット右翼はどこから来たか?(鈴木耕)

「週刊金曜日」(11月2日号)をめくっていたら、面白い記事が載っていた。倉橋耕平氏(立命館大学非常勤講師)と古谷経衡氏(評論家・著述家)の「『ネトウヨ』バブルはもう底を打った(上)」...
「言葉の海へ」鈴木耕

第50回:「安倍首相のウソ」は国境を越えて…(鈴木耕)

ぼくは何度かツイートした。「戦後日本政治史上、これほど“ウソつき”と批判された首相がいただろうか?」と。むろん安倍首相に対する批判だが、別にこれはぼくだけではなく、いまや「息を吐くよう...
「言葉の海へ」鈴木耕

第49回:嫌なニュースばかりだけれど、 安倍首相、そろそろお後がよろしいようで(鈴木耕)

少し気分が落ち込んでいる日、ぼくは動物園に行く。ぼんやりと秋の風に吹かれながら動物たちを見て回ると、なんとなく気持ちが穏やかになる。中...
「言葉の海へ」鈴木耕

第48回:九電の太陽光発電遮断から見えたこと(鈴木耕)

電力が余っちゃうから、太陽光発電の接続を遮断する。それが10月13、14日に、九州電力が取った手段だった。ああ、なるほどね。もう、電力が余っちゃう時代になったんだ、それも再生可能エネルギ..