2021年1月26日
ホーム 著者 Posted by 鈴木耕

鈴木耕

鈴木耕
156posts
すずき こう: 1945年、秋田県生まれ。早稲田大学文学部文芸科卒業後、集英社に入社。「月刊明星」「月刊PLAYBOY」を経て、「週刊プレイボーイ」「集英社文庫」「イミダス」などの編集長。1999年「集英社新書」の創刊に参加、新書編集部長を最後に退社、フリー編集者・ライターに。著書に『スクール・クライシス 少年Xたちの反乱』(角川文庫)、『目覚めたら、戦争』(コモンズ)、『沖縄へ 歩く、訊く、創る』(リベルタ出版)、『反原発日記 原子炉に、風よ吹くな雨よ降るな 2011年3月11日〜5月11日』(マガジン9 ブックレット)、『原発から見えたこの国のかたち』(リベルタ出版)、最新刊に『私説 集英社放浪記』(河出書房新社)など。マガジン9では「言葉の海へ」を連載中。ツイッター@kou_1970でも日々発信中。
「言葉の海へ」鈴木耕

第140回:1945年に生まれて(鈴木耕)

今回は、まったくの個人的な話です。そんなもん読んでいる暇はないよ、という方はスルーしてください。10月31日。世の中はコロナ禍で自粛ムード。毎年バカ騒ぎで盛り上がるハロウィンとかいう西洋生まれの祭りも、今年はそれほど盛り上がらなかっ...
「言葉の海へ」鈴木耕

第139回:「越えてはならぬ一線」がある(鈴木耕)

ぼくは毎朝、ほぼ1時間をかけて新聞を読む。それが習慣である。でも、だいたいは大きな見出しに目が行くから、どうしてもそれを優先してしまう。コラムや寄稿文などは、見出しよりも書いている人…
「言葉の海へ」鈴木耕

第138回:菅政権、スタートから迷走!(鈴木耕)

菅内閣、どうもスタートダッシュで躓いたみたいだ。走り出したとたんに、コケてしまった。やることなすことチグハグなのだ。 1.日本学術会議の新会員6名を任命拒否。 2.拒否の理由説明も拒否。 3...
「言葉の海へ」鈴木耕

第137回:しばらく「秋田出身」を封印する(鈴木耕)

このコラムでも何度か、「ぼくは秋田出身です」と書いてきた。ほぼ毎年、ふるさとへ墓参りに帰る(今年はコロナ禍で残念ながら帰っていないけれど)。甲子園の高校野球だって、秋田の高校であ...
「言葉の海へ」鈴木耕

第136回:崩れていく、壊れていく……(鈴木耕)

このところ、自殺者が増えているという。芸能人や有名人の自殺も多く伝えられる。そんなこともあってか、「コロナウツ」という現象が注目されている。確かに、ぼくもかなり気分的にはウツである...
「言葉の海へ」鈴木耕

第135回:「首相単独インタビュー」の思い出(鈴木耕)

安倍晋三氏が首相を辞めた。菅義偉氏が新首相になった。だからといって、なにかが変わる気配はまったくない。いやむしろ、もっと気持ちの悪い世の中が来そうな気がする。菅首相の会見を見ていてそ…
「言葉の海へ」鈴木耕

第134回:「集団就職の苦労人」という虚構〜菅義偉新首相誕生の裏側~(鈴木耕)

菅義偉氏が、圧倒的な“自民党議員の支持”で、総裁の座(つまり首相の座)につくことになった。なぜか総裁選が始まる前から当選確実。実は陰でそれを取り仕切ったのが、ご高齢の二階俊博自民党幹事…
「言葉の海へ」鈴木耕

第133回:ある会社の物語(鈴木耕)

これは、ぼくが夢想した現代の苦いお伽噺であることを、最初に断っておく。ある会社の物語である。仮に「J社」としておこう。J社は、いわゆる総合商社である。バブル期(1980年代後期~90年代初…
「言葉の海へ」鈴木耕

第132回:去った男の残したものは(鈴木耕)

安倍晋三首相が、8月28日(金)、ついに辞任を表明した。体調悪化が原因であることを疑うつもりはない。しかし……。安倍氏は6月には綿密な健康チェック(人間ドック)を受けていた。記者会見でも…
「言葉の海へ」鈴木耕

第131回:柴田鉄治さんの思い出(鈴木耕)

今回は、ほんとうは原稿を書きたくない。書けば、悲しい知らせに触れなきゃいけないからです。8月23日、ぼくの大切な大先輩、柴田鉄治さんがお亡くなりになりました。柴田さんに「マガジン9」の…