2018年10月23日
ホーム この人に聞きたい

この人に聞きたい

いま、もっとも気になる「あの人」に、マガジン9編集部がインタビュー。さまざまなテーマでお届けします。

岸本聡子さんに聞いた:水の運動から生まれた地域政党「バルセロナ・コモンズ」に学ぶ公(パブリック)の力

日本では近年、財政の見直しや効率化の名目などから、公共サービスのアウトソーシング化が増えてきていますが、世界の公共サービスのあり方を研究...

牧原依里さんに聞いた:手話で生きるという選択肢を。知られていない、すぐ隣にある「ろう者の世界」

一緒に映画を作るはずだった、ろう者の友人・ヴァンサンが突然命を絶ってから10年。「ろう者の存在を知らせたい」という遺志を継いだレティシア...

南和行さんに聞いた:家族も人生も、あり方は人それぞれ。この社会には、「いろんな人たち」が生きている

仕事もプライベートも二人三脚──。大阪で法律事務所を営む弁護士「夫夫」の2人と、彼らが携わる裁判の当事者たちを追ったドキュメンタリー映画..

林美子さんに聞いた:ハラスメントのない社会へ。メディアで働く女性が変えていく

今年4月、決裁文書改ざん問題で国会が紛糾するさなか、『週刊新潮』の報道によって、当時の財務次官による女性記者へのセクシュアル・ハラスメントが発覚。これを受けて、新聞社などで報道の仕事..

大矢英代さんに聞いた:戦後73年。今こそ「沖縄戦」から学ぶべきことがある

現在、全国で公開中の映画『沖縄スパイ戦史』。住民を動員して行われた「スパイ戦」、強制移住によって多くの住民が犠牲になった「戦争マラリア」など、これまでほとんど知られていなかった沖縄戦...

宮澤弘道さんに聞いた:道徳は、学校で教えるべき「学問」ではない

今年の4月から、全国の公立小学校で、道徳の「教科化」がスタートしました。教えられるのはどんな内容なのか、「教科化」によって授業はどう変わり、子どもたちにどんな影響を与えるのか...

クォン・ユンドクさんに聞いた:日本軍「慰安婦」にされた女性の物語 『花ばぁば』で伝えたかったこと

かつて日本軍の「慰安婦」とされた韓国人女性をモデルとした絵本『花ばぁば』は、日・中・韓の絵本作家が手がける「平和絵本シリーズ」(全11冊)...

青井未帆さんに聞いた(その2):憲法への自衛隊明記。「現状を1ミリも変えない」なんてことはあり得ない

国会では「森友問題」の追及が続き、安倍政権の支持率も急降下。しかし、3月末には自民党憲法改正本部が自衛隊明記など「改憲4項目」に関する..

青井未帆さんに聞いた(その1):自民党の「改憲4項目」を、改めて検証する

国会では「森友問題」の追及が続き、安倍政権の支持率も急降下。しかし、3月末には自民党憲法改正本部が自衛隊明記など「改憲4項目」に関する..
教育全体に、「道徳」的価値観が持ち込まれつつある

鶴田敦子さんに聞いた(その2):教育全体に、「道徳」的価値観が持ち込まれつつある

2006年、第一次安倍政権下で行われた教育基本法の改訂。その内容は、教育への国家の介入の歯止めをなくし、「教育の目標」に道徳心や愛国心の...