2020年9月27日
ホーム 著者 Posted by 森永卓郎

森永卓郎

森永卓郎
15posts
経済アナリスト/1957年生まれ。東京都出身。東京大学経済学部卒業。日本専売公社、経済企画庁などを経て、現在、独協大学経済学部教授。著書に『年収300万円時代を生き抜く経済学』(光文社)、『年収120万円時代』(あ・うん)、『年収崩壊』(角川SSC新書)など多数。最新刊『こんなニッポンに誰がした』(大月書店)では、金融資本主義の終焉を予測し新しい社会のグランドデザインを提案している。テレビ番組のコメンテーターとしても活躍中。

Posted by 森永卓郎

第88回:〈緊急寄稿〉ポスト安倍で日本経済はどうなる(森永卓郎)

8月28日夕刻に安倍総理が、辞任の意向を発表した。本稿執筆時点で、後任が誰になるのか明らかになっていないが、自民党のある程度の大物から選ばれることを前提とすると、ポスト安倍が誰になっ…

第87回:日本モデルの失敗を認めるべきだ(森永卓郎)

「出掛けるな 出掛けてください 出掛けるな」。政府の「GoToトラベル」キャンペーンが前倒しで始まった7月22日、私が出演するニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」に寄せられたリスナーからの川柳だ。「GoToトラベル」キャンペーンは、初…

第86回:なぜ日本のコロナ対策は遅いのか(森永卓郎)

世界銀行が6月8日に「世界経済見通し」を発表した。そのなかで、印象的だったのは、2020年の経済成長率見通しで、日本とアメリカの経済成長率が、マイナス6.1%と、まったく一緒だったことだ。アメリカの人口当たりのコロナによる死亡者は、日本...

第85回:腑に落ちない緊急事態宣言延長(森永卓郎)

5月4日に安倍総理は、5月6日を期限としていた緊急事態宣言を5月末まで延長することを正式に発表した。国民に厳しい自粛生活と経済や経営に危機をもたらす緊急事態宣言が、ほぼ2倍の期間に延長されることになった。そのことについて、安倍総理は...

第84回:緊急経済対策の背後にちらつく財務省の影(森永卓郎)

政府は4月7日に新型コロナウイルスの感染拡大に対する緊急の経済対策を発表した。総額108兆円と過去に例のない大型対策だと総理は胸を張ったが、これは「事業規模」であり、融資枠などを単純に合...

第83回:新型コロナウイルス感染拡大は引き金に過ぎない(森永卓郎)

世界の株価が急落している。NYダウは、2月12日の2万9551ドルから、3月6日には2万5864ドルへと12.5%下落している。日経平均株価を含む先進各国の株価も同じような動きをしている。もちろん...

第82回:いますぐ景気対策を打たないと大変なことになる(森永卓郎)

2月12日の衆院予算委員会で質問に立った立憲民主党の辻元清美議員が、和泉洋人首相補佐官と厚生労働省の大坪寛子審議官が海外出張時に不適切な宿泊の仕方をした問題などを採り上げ、「鯛は頭から...

第81回:アクセルとブレーキを踏み間違えた(森永卓郎)

消費税率が10月1日から10%に引き上げられた。評論家は「この増税が経済に及ぼす影響は、さほど大きくない」と評価する人が多い。麻生太郎財務大臣も、同じ認識だ。その理由の一つは、前回2014年4月の消費税増税は3ポイントの引き上げだったが...

第80回:日本人の人権も侵害する外国人単純労働者受け入れ(森永卓郎)

政府は来年4月から、新たな在留資格を創設することで、外国人単純労働者を正式に受け入れることを決め、出入国管理難民認定法を改正した。もとも..

第79回:自民党総裁選と消費税(森永卓郎)

9月に行われる自民党総裁選は、安倍晋三総理と石破茂元防衛大臣の一騎打ちとなったが、すでに安倍総理の勝利が確実となっている。立候補が噂された..