2018年10月23日
ホーム 著者 Posted by 想田和弘

想田和弘

想田和弘
想田和弘(そうだ かずひろ): 映画作家。ニューヨーク在住。東京大学文学部卒。テレビ用ドキュメンタリー番組を手がけた後、台本やナレーションを使わないドキュメンタリーの手法「観察映画シリーズ」を作り始める。『選挙』(観察映画第1弾、07年)で米ピーボディ賞を受賞。『精神』(同第2弾、08年)では釜山国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞を、『Peace』(同番外編、11年)では香港国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞などを受賞。『演劇1』『演劇2』(同第3弾、第4弾、12年)はナント三大陸映画祭で「若い審査員賞」を受賞した。2013年夏、『選挙2』(同第5弾)を日本全国で劇場公開。最新作『牡蠣工場』(同第6弾)はロカルノ国際映画祭に正式招待された。主な著書に『なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか』(講談社現代新書)、『演劇 vs.映画』(岩波書店)、『日本人は民主主義を捨てたがっているのか?』(岩波ブックレット)、『熱狂なきファシズム』(河出書房)、『カメラを持て、町へ出よう ──「観察映画」論』(集英社インターナショナル)などがある。

Posted by 想田和弘

第69回:安倍政権はなぜ沖縄の意思を平気で無視できてしまうのか(想田和弘)

9月30日に投開票が行われた沖縄県知事選挙で、急逝した翁長雄志前知事の遺志を受け継ぐ玉城デニー氏が当選した。辺野古新基地建設を進めたい安倍政権が全面支援した佐喜真淳氏に、約8万票の差...

第68回:民主主義の旗を下ろさぬ覚悟(想田和弘)

ノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマンが、8月27日付のニューヨーク・タイムズに「なぜそれがこの国でも起こりうるか:私たちがポーランドやハンガリーになる可能性は高い」 と題する...

第67回:杉田水脈議員の考えは、自民党の考えである(想田和弘)

自民党の杉田水脈衆議院議員が雑誌「新潮45」に書いた文章が、大きな波紋を読んでいる。彼女は「『LGBT』支援の度が過ぎる」と題した寄稿で、こう書いた。「LGBT(性的少数者)のカップルの...

第66回:裁判の原告になる——国を訴えた2件の訴訟(想田和弘)

「港町」と「ザ・ビッグハウス」という2本の新作映画のキャンペーンやトークのため、「寅さん」のごとく日本中を旅して歩いている。それだけでも死ぬほど忙しいのに、そんな中、まさか自分が国を...

第65回:カンヌ映画祭とネットフリックスの攻防から見える「映画」の危機(想田和弘)

今年のカンヌ国際映画祭と言えば、是枝裕和監督の「万引き家族」が最高賞であるパルムドールを受賞したことや、濱口竜介監督「寝ても覚めても」が...

第64回:ポイント・オブ・ノーリターン(想田和弘)

現在公開中の拙作『港町』(観察映画第7弾)には、86歳の漁師ワイちゃんが、問わず語りにポツリとつぶやく場面がある。いわく、昔に比べて獲れる魚の量が激減してしまった。それなのに魚は...

第63回:ソーシャルメディア時代のジレンマ(想田和弘)

冷たい雨が降るパリのホテルで、この原稿を書いている。新作『港町』(2018年、観察映画第7弾)が、ポンピドゥセンターで毎年開かれるドキュメンタリー映画祭、シネマ・デュ・レエルに招待...

第62回:限りなき欲と限りあるカラダの間で(想田和弘)

最新作『港町』(2018年、観察映画第7弾)と『ザ・ビッグハウス』(2018年、観察映画第8弾)を、2月15日から開かれたベルリン国際映画祭とベルリン批評家週間でそれぞれワールドプレミア上映した。

第61回:「争点に関する自党の立場が不人気な場合には、争点には触れない方が選挙に勝てる」という方程式(想田和弘)

沖縄の名護市長選挙で2月4日、米軍普天間基地の辺野古移設阻止を掲げる現職の稲嶺進候補...

第60回:真剣になっても深刻にならない心(想田和弘)

元旦、妻から「今年の抱負は?」と聞かれて何かを答えた。ところがその数日後、恐ろしいことに何て答えたのかもう忘れていた。最近の忘却力はすごい。そこで別の抱負を考えた。「真剣になっても...