2020年8月7日
ホーム 著者 Posted by 想田和弘

想田和弘

想田和弘
想田和弘(そうだ かずひろ): 映画作家。ニューヨーク在住。東京大学文学部卒。テレビ用ドキュメンタリー番組を手がけた後、台本やナレーションを使わないドキュメンタリーの手法「観察映画シリーズ」を作り始める。『選挙』(観察映画第1弾、07年)で米ピーボディ賞を受賞。『精神』(同第2弾、08年)では釜山国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞を、『Peace』(同番外編、11年)では香港国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞などを受賞。『演劇1』『演劇2』(同第3弾、第4弾、12年)はナント三大陸映画祭で「若い審査員賞」を受賞した。2013年夏、『選挙2』(同第5弾)を日本全国で劇場公開。最新作『牡蠣工場』(同第6弾)はロカルノ国際映画祭に正式招待された。主な著書に『なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか』(講談社現代新書)、『演劇 vs.映画』(岩波書店)、『日本人は民主主義を捨てたがっているのか?』(岩波ブックレット)、『熱狂なきファシズム』(河出書房)、『カメラを持て、町へ出よう ──「観察映画」論』(集英社インターナショナル)などがある。

Posted by 想田和弘

第91回:ウイルスによる被害と、ウイルスを撲滅しようとするために起きる被害(想田和弘)

特にリベラル派の多くからはなぜか不評を買っているが、コロナ禍が始まって以来、僕は副作用があまりに強すぎるロックダウンや営業自粛には、懐疑的であり続けてきた。長期間にわたって社会の大部分の活動を停止してしまったら、社会が壊れてしまう..

第90回:「ステイホーム」でコロナ禍は乗り越えられない(想田和弘)

ひとまず落ち着いたようにみえた新型コロナウイルスだが、東京などで感染者が増え、再び自粛モードが起動しかねない状況になりつつある。更なる自粛や営業再停止、再ロックダウンを唱える声も聞こ…

第89回:映画館に観客は戻るのか 早急に見直すべき「三密」と「ソーシャルディスタンス」(想田和弘)

新型コロナウイルスの感染状況がひとまず落ち着き、各地の映画館が再開し始めた。それに伴い、僕の新作ドキュメンタリー映画『精神0』の上映も始まった。6月6日には、東京・渋谷のシアター・イ…

第88回:ゼロに身を置く(想田和弘)

「仮設の映画館」で公開中の新作『精神0』の中に、精神科医の山本昌知医師が患者さんにこんな助言をする場面がある。「“ゼロに身を置く日”を作ったらええんじゃねん?山本先生によると、ゼロに...

第87回:廃業の危機にある映画館 補償なき自粛要請は感染拡大リスクを増大させる(想田和弘)

全国の単館系映画館(ミニシアター)が廃業の危機に瀕している。理由は他でもない。新型コロナウイルス禍が深刻化するなか、観客の数が激減しているからである。自粛要請を受けて一時休館した劇場...

第86回:新型コロナウイルスと「恐れ」(想田和弘)

新型コロナウイルスの感染が全世界的に広がる中、株価が暴落し、円が高騰し、学校や劇場や地域が閉鎖された。日本ではトイレットペーパーが品切れになり、アメリカでは銃の弾薬の売り上げが伸びた...

第85回:“愛”と“別れ” ――映画『精神0』の公開を控えて(想田和弘)

新作ドキュメンタリー映画『精神0』(2020年、観察映画第9弾、128分)のワールドプレミアを数日後に控え、そわそわとした日々を送っている。  まずは今週金曜日のバレンタインデーにニューヨーク...

第84回:ヴィパッサナー瞑想と日常生活(想田和弘)

昨年の8月にブッダが用いた瞑想法・ヴィパッサナー瞑想の10日間コースに参加して以来、毎日最低1時間は瞑想するようにしている。できれば2時間。 コースの体験談は「週刊金曜日」に連載中なので、詳しくはそれを読んでいただきたいのだが、ヴィ...

第83回:中村医師を殺したのは、いったい誰なのか(想田和弘)

アフガニスタンでの活動で知られる中村哲医師が、凶弾に倒れた。  僕は中村氏とは面識はないが、かねてからその活動を、畏敬の念を持ちながら遠くから眺めてきた。ガンジーかキング牧師かマザー・テレサ級の凄い人だと思っていた。彼の訃報を聞...

第82回:「ディスインフォメーション」の時代(想田和弘)

ドナルド・トランプが米国大統領になって以来、「ディスインフォメーション(disinformation)」という言葉をよく見かけるようになった。人々を真実から目をそらさせ、世論を歪めるために、虚偽の...