2020年7月4日
ホーム マガ9レビュー

マガ9レビュー

本、DVD、展覧会、イベント、芝居、などなど。マガ9的視点で批評、紹介いたします。

『女帝 小池百合子』(石井妙子著/文藝春秋)

『女帝 小池百合子』(石井妙子著/文藝春秋)

「正直者はバカをみる」。彼女はそう思いながら上だけを向いて、これまでの人生を生きてきたのだろうか。本書は政治家・小池百合子氏の評伝であるが、彼女の輝かしい学歴――カイロ大学を首席で卒業したこと――が、あまりにも疑わしいもので...

『花のあとさき ムツばあさんの歩いた道』(2020年日本/百崎満晴監督)

NHKドキュメンタリー取材班が秩父市吉田太田部楢尾に住む人々に18年にわたって寄り添った記録である。秩父山地の斜面にぽつんとある集落・楢尾では明治時代に養蚕業や林業が行われ、多い時には10...

『パラサイト 半地下の家族』(2019年韓国/ポン・ジュノ監督)

世界中で絶賛されているこの作品。私も日本での公開と同時に映画館にかけつけた。貧乏家族が金持ちの邸に寄生し、おこぼれにあずかりながら生き残りを図るという奇想天外な発想、そして息もつかせ....

『娘は戦場で生まれた』(2019年 イギリス、シリア/ワアド・アルカティーブ、エドワード・ワッツ監督)

第二次世界大戦後史上最悪の人道危機と言われるシリア内戦のリアルを伝える長編ドキュメンタリー。スクリーンに映し出されるあまりの惨状に息をのみ、言葉を失った。う〜ん、重いなあ。レビュー...

『バイス』(2018年米国/アダム・マッケイ監督)

1960年代、フランスのル・マン24時間耐久レースで無敵を誇ったイタリアのフェラーリにアメリカの自動車メーカー・フォードが挑む物語の映画『フォードvsフェラーリ』には、絶対王者に挑戦する孤...

『日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学』(小熊英二著/講談社現代新書)

冒頭、著者は経団連の正副会長の構成メンバーについて言及する。その19人はすべて日本人男性で、最も若い人が62歳。起業や転職の経験者はなく、出身大学は、12人が東大卒。次いで一橋大学が3人、...

『満鉄全史「国策会社」の全貌』(加藤聖文著/講談社学術文庫)

南満洲鉄道株式会社、通称満鉄が設立されたのは1906年11月27日。日露戦争が終わった翌年のことだ。それから日本が第二次世界大戦で降伏する1945年8月15日までの40年弱の満鉄の歴史を描いたの...

『独ソ戦 絶滅戦争の惨禍』(大木毅著/岩波新書)

1939年8月23日に締結されたドイツとソ連の不可侵条約は世界を驚かせた。不倶戴天の敵同士と思われた両者が互いに手を結んだからである。その3年前にドイツと防共協定を結び、ソ連を仮想敵国とみ...

『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』(2018年韓国/ユン・ジョンビン監督)

韓国軍の将校パク・ソギョンは国家安全企画部のチェ・ハクソン室長よりスパイとして北朝鮮へ潜入することを命じられる。ミッションは同国の核開発の実情を探ることだ。パクは優秀な軍人だったのだ...

『ジョーカー』(2019年米国/トッド・フィリップス監督)

『バットマン ダークナイト』でのジョーカーの登場は鮮烈だった。冒頭、銀行強盗を企む、ピエロのお面をかぶった男たちが周到に準備を進める。しかし、各人は仲間を殺して金を一人占めしようと考...