2018年4月25日
ホーム 南部さんの国民投票法講座

南部さんの国民投票法講座

連載コラム『立憲政治の道しるべ』でおなじみの法学者・政治学者の南部義典さんによる「国民投票」についての短期・不定期講座。国民投票が実施されるまでの具体的な流れから、私たちが知っておくべき課題や注目点について説明します。

第4回:国民投票広報協議会の役割とは?(南部義典)

前回は、国民投票運動を扱いました。国会が憲法改正の発議をした日から投票日までの間(60~180日間)、誰でも原則自由に、憲法改正案に対する賛成投票・反対投票を呼びかけることができます...

第3回:国民投票運動って、イメージできますか?(南部義典)

選挙に「選挙運動」があるように、国民投票には「国民投票運動」があります。しかし、日本では誰一人、国民投票運動を行ったことがありません。「住民投票運動ならやったことがある」「外国の...

第2回:ここが問題! 国会で審議される憲法改正原案(南部義典)

今回から各論に入ります。まず、取り上げるテーマは「憲法改正原案」です。前回「国民投票までの流れを知ろう」でお示しした(表1)をご覧ください。表のなかには...

第1回:国民投票までの流れを知ろう(南部義典)

連載「立憲政治の道しるべ」の特別編として、今回から短期連載「国民投票法講座」が始まります。憲法改正についての話題が多くのぼるなか、「国民投票」について知りたいという声が聞かれるようになりました。この連載では、国民投票までの流れから、知っておくべき点や課題について説明していきたいと思います。