第90回:「ステイホーム」でコロナ禍は乗り越えられない(想田和弘)

 ひとまず落ち着いたようにみえた新型コロナウイルスだが、東京などで感染者が増え、再び自粛モードが起動しかねない状況になりつつある。

 更なる自粛や営業再停止、再ロックダウンを唱える声も聞こえてくるが、そういう方々は、もしかするとお店や施設の苦境をご存知ないのではないだろうか。歴史ある名店含め、すでに潰れてしまったところは多いし、この上自粛が強化されたら潰れるところが続出するだろう。そうなれば大勢の人々の人生が狂い、職のない人が増え、社会が壊れていく。ウイルスに感染して死ぬ人は減るかもしれないが、困窮死する人は増えるだろう。

 拙作『精神0』の上映で訪れた静岡県浜松市では、ちょっと歩いただけでシャッターで閉ざされたお店が何軒も目についた。上映劇場「シネマイーラ」の榎本支配人いわく、

 「これみんな、コロナで潰れたんだと思います」

 浜松市で感染が確認されたのは、累計でわずかに8件である。にもかかわらず、それだけの店がすでに潰れてしまったのだとしたら、これまでの「ステイホーム」を基本とした感染対策が、少なくとも浜松では過剰だったとしか言いようがない。例えるなら、「ゴキブリが出た!」と言って台所ごと火炎放射器で焼いてしまったようなものである。

 榎本さんが経営するシネマイーラも、4月25日から約3週間の休館を余儀なくされた。

 京都大学の宮沢孝幸准教授(ウイルス学)によれば、そもそも映画館の感染リスクは極めて低い。したがって、シネマイーラが休館しても感染拡大をストップさせることにはほとんど貢献できなかったはずだが、それでも緊急事態宣言が発令されたため、全国の映画館同様、休館せざるをえなくなった。

 未知のウイルスゆえ、当時は仕方がない面もあったのかもしれないが、控えめに言っても不条理である。もっと言えば犯罪的である。この事態を検証も反省もせず、今後同じ過ちを犯すなら、決して許されないことだと思っている。

 いずれにせよ、コロナ禍は今後もずいぶんと長引きそうである。想像したくもないが、数年単位で続く可能性も低くない。であるならば、「ステイホーム」でコロナ禍を乗り越えることは無理である。社会の全員が数年間も「巣籠もり」することは不可能だからだ。

 結局私たちは、マスクの着用や手指の消毒といった、できるだけの感染対策や工夫をしながら、なるべく普段通りの生活をしていくしかないのだと思う。宮沢氏が言うように、「接触機会」ではなく「感染機会」を減らすことが重要であろう。火炎放射器で台所を焼くのではなく、ゴキブリだけをターゲットにして捕獲していくのである。

 もちろんそうすれば、社会が完全停止したのに比べて、感染者数はある程度増えるだろう(それがいま東京などで起きていることなのかもしれない)。だが、これは長期戦である。日々の数字に一喜一憂しうろたえることが、よい結果をもたらすとは思えない。

 こういうことを言うと、「そんなことを言って、他人がコロナで死んだらお前は責任を取れるのか」などとお叱りを受ける。

 もちろん僕には責任など取れない。

 しかし責任が取れないのは、ステイホーム派も同じだ。

 少なくとも、ステイホームによって潰れた店の経営者や従業員の人生に対して、何らかの責任を取っているステイホーム派を僕は知らない。

想田和弘
想田和弘(そうだ かずひろ): 映画作家。ニューヨーク在住。東京大学文学部卒。テレビ用ドキュメンタリー番組を手がけた後、台本やナレーションを使わないドキュメンタリーの手法「観察映画シリーズ」を作り始める。『選挙』(観察映画第1弾、07年)で米ピーボディ賞を受賞。『精神』(同第2弾、08年)では釜山国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞を、『Peace』(同番外編、11年)では香港国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞などを受賞。『演劇1』『演劇2』(同第3弾、第4弾、12年)はナント三大陸映画祭で「若い審査員賞」を受賞した。2013年夏、『選挙2』(同第5弾)を日本全国で劇場公開。最新作『牡蠣工場』(同第6弾)はロカルノ国際映画祭に正式招待された。主な著書に『なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか』(講談社現代新書)、『演劇 vs.映画』(岩波書店)、『日本人は民主主義を捨てたがっているのか?』(岩波ブックレット)、『熱狂なきファシズム』(河出書房)、『カメラを持て、町へ出よう ──「観察映画」論』(集英社インターナショナル)などがある。