2017年6月28日
ホーム 立憲政治の道しるべ

立憲政治の道しるべ

憲法によって国家を縛り、その憲法に基づいて政治を行う。民主主義国家の基盤ともいえるその原則が、近年、大きく揺らぎつつあります。 憲法違反の発言を繰り返す政治家、憲法を無視して暴走する国会…。 「日本の立憲政治は、崩壊の危機にある!」 そう警鐘を鳴らす南部義典さんが、現在進行形のさまざまな具体的事例を、「憲法」の観点から検証していきます。

第119回:前川さん、安倍内閣による教育勅語復活の動きも、お話しいただけませんか?

 2カ月ほど前、ある出版社から「教育勅語はなぜ使用禁止になったのか」というテーマで、小論執筆のご依頼をいただきました。つい先日脱稿したところで、私としてはすでに肩の荷が下りていますが、教育勅語の問題は、過去の話、済んだものではなく、現在なお、未解決のままであることを改めて...

第118回 “2020年憲法改正施行宣言”って、一体どういうつもり?

安倍総理の“2020年憲法改正施行宣言”(5月3日)から、2週間が経ちました。自民党の幹部は、工程表づくりとその根回しに右往左往しているようですが、政権パートナーである公明党、さらに...

今、読まれています