『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』(2018年韓国/ユン・ジョンビン監督)

 韓国軍の将校パク・ソギョンは国家安全企画部のチェ・ハクソン室長よりスパイとして北朝鮮へ潜入することを命じられる。ミッションは同国の核開発の実情を探ることだ。
 そのため、パクは「優秀な軍人だったのだが、酒におぼれて軍隊を辞め、現在は北朝鮮製商品を仕入れて金儲けをたくらむビジネスマン」を演じる。北朝鮮との接点を求めて北京を徘徊していると、国家安全企画部のシナリオ通り、北京駐在の対外経済委員会が接触を図ってきた。
 そこからパクは北朝鮮側の幾重ものチェックをクリアして、信頼を獲得していくのだが、そこまではスパイ映画によくみられるオーソドックスな展開だ。どこかで見たようなシーンが続くので、「最後は二重スパイの悲劇で終わるのだろう」と推測しながら物語を追っていたのだが、パクが北朝鮮に入るころから当方の安直な予想はことごとく裏切られていく。
 北朝鮮の中枢にまで入り込んだパクが見せつけられたのは、表面上はイデオロギーで対立している南北朝鮮が裏で取引をしている現実だった。北朝鮮の指導部を欺いたパクは韓国の支配層からも切り捨てられる。もはや残された道は「死」しかない。ところが、ある奇跡的に生まれた友情が南北を融和に向かわせ、悲劇の結末を希望のそれに変えるのである。
 シーバスリーガルをがぶ飲みする金正日総書記を演じる俳優は、自らが南北関係における政治の主導権を握っているとほくそ笑み、一方、金大中の大統領選挙勝利に喜ぶ国民たちが通りに出て祝う姿は実際のニュース映像で映し出される。虚実とりまぜた絶妙な演出がこの作品を生んだ。
 昨今の韓国映画が自らの現代史を正面から見据えた傑作を次から次へと輩出していることと、戦後長く続いた軍事政権に民衆が引導を渡したこととは無関係ではあるまい。
 韓国の未来に希望を抱かせる。そんな映画でもある。

(芳地隆之)


『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』
(2018年韓国/ユン・ジョンビン監督)

※アマゾンにリンクしています