2018年12月10日
ホーム わたしたちの日韓

わたしたちの日韓

歴史認識をめぐる論争、ヘイトスピーチの蔓延…近年で最悪ともいわれる状況を迎えている日韓関係。けれど、こんなときだからこそ、国境を越えた「わたしたちの日韓」という視点が必要だーー。在日コリアン3世のルポライター、姜誠さんはそう語ります。対立する二つの国の国民同士ではなく、「日韓」という一つの地域に暮らす住民として、この地域に、お互いの国に、どう平和を築いていくのか。連載を通じて、じっくり考えていきたいと思います。

第13回:日本はこれでいいのですか? その②(姜誠)

徴用工問題で日韓関係が揺れています。徴用工への補償問題は「1965年の日韓基本条約と請求権協定ですべて解決ずみ」とする日本の反発は激しく...

第12回:日本はこれでいいのですか? その①(姜誠)

日本は本当にこれでいいのですか? 米朝首脳会談以降、そんなつぶやきが頭の中をグルグルと駆け巡っています。つい最近、北朝鮮への修学旅行から戻ってきた神戸朝鮮高級学校の生徒が、祖国から...

第11回:ベルリンの光景を思い出した南北首脳会談(姜誠)

南北首脳会談が終わりました。文在寅大統領と金正恩委員長が手をつなぎ、南北を隔てる軍事境界線を往復したシーンにはちょっと感動してしまいました。まるで、ふたりが「南北の政治リーダーが...

第10回:南北首脳会談を前に(姜誠)

いよいよ南北首脳会談が始まります。その後にはトランプ大統領と金正恩委員長との米朝会談も控えています。中国の習近平主席も近々、ピョンヤンへ訪問する予定です。朝鮮半島を舞台に、いわゆる...

第9回:「軍拡のワナ」に陥らないために(姜誠)

長いこと、お休みしていました。ごめんなさい。朝鮮半島で戦争の危険が高まるなど、わたしたち北東アジアに暮らす人々にとって不穏なことが続いていますので、ふたたびポツリポツリと記事を...

バックナンバー

以前のバックナンバーはこちらから↓ http://www.magazine9.jp/category/article/nikkan/