2024年3月5日
ホーム 著者 Posted by 渡辺一枝

渡辺一枝

渡辺一枝
81posts
わたなべ・いちえ:1945年1月、ハルピン生まれ。1987年3月まで東京近郊の保育園で保育士として働き、退職後は旧満洲各地に残留邦人を訪ね、またチベット、モンゴルへの旅を重ね作家活動に入る。2011年8月から毎月福島に通い、被災現地と被災者を訪ねている。著書に『自転車いっぱい花かごにして』『時計のない保育園』『王様の耳はロバの耳』『桜を恋う人』『ハルビン回帰行』『チベットを馬で行く』『私と同じ黒い目のひと』『消されゆくチベット』『聞き書き南相馬』『ふくしま 人のものがたり』他多数。写真集『風の馬』『ツァンパで朝食を』『チベット 祈りの色相、暮らしの色彩』、絵本『こぶたがずんずん』(長新太との共著)など。

第41回:トークの会 「福島の声を聞こう!」vol.41報告(後編)「庭の木がなくなって、自分の根っこが引き抜かれた感じだ」(渡辺一枝)

「福島の声を聞こう!」第一部では堀川文夫さんが、時折、お連れ合いの貴子さんの発言が入りながら自分史と絡めて浪江での被災前の生活、3・11当時、避難行と避難先での今の暮らしを語ってくださいました。今回は、第二部の様子をお伝えします…

第40回:トークの会「 福島の声を聞こう!」vol.41報告(前編)「忘れないでほしい、あの事故を。あの時の混乱、あの時思ったこと、考えたことを」(渡辺一枝)

7月2日(土)午後2時から、神楽坂のセッションハウスギャラリーで、トークの会「福島の声を聞こう!」vol.41を持ちました。ゲストスピーカーは浪江町から静岡県富士市に避難している堀川文夫さんでした。堀川さんはお連れ合いの貴子さんと共に…

第39回:常磐炭田ツアー報告「一山一家を合言葉にして」(渡辺一枝)

8月30、31日の1泊2日で、「常磐炭田ツアー」を行いました。ことの発端は、6月に実施した「被災地ツアー」の2日目の晩のことです。いわき市湯本の「古滝屋」が宿泊先でしたが、こちら方面に私が来る時にはいつもお世話になっている宿で、御当主…

第38回:311子ども甲状腺がん裁判傍聴記「13歳でがんになり、17歳で二度目の手術を受けました」(渡辺一枝)

9月7日(水)午後2時、東京地裁第803号法廷で、「311子ども甲状腺がん裁判」第2回口頭弁論が行われました。これは、東京電力福島第一原発事故当時、福島県内に居住していた男女6人が、事故に伴う放射線被ばくにより甲状腺がんを発症したと…

第37回:ふくしまからの日記──南相馬・飯舘村「おとうさんのその一言で、頑張って生きてきたよ」(渡辺一枝)

猛暑が続いた後でふうっと涼しくなった日に、日帰りで南相馬と飯舘村に行ってきました。大留隆雄さんと菅野榮子さんに会いに行ったのです。お二人とも少し前には体調がすぐれず、お訪ねするのを控えていました。このところ元気を取り戻されたよう…

第36回:「原発事故避難者住まいの権利裁判」傍聴記「私が、南相馬へ帰らないことが悪いのでしょうか」(渡辺一枝)

7月25日に東京地裁で開廷された「原発事故避難者住まいの権利裁判」第1回口頭弁論を傍聴しました。これは、福島第一原発事故の後、政府が設定した避難区域以外から避難した「区域外避難者」たちが、応急仮設住宅として入居していた関東の国家…

第35回:被災地ツアー報告(3)「人の出会いも人をめぐる出来事も、螺旋のように繋がる大きな流れの中にある」(渡辺一枝)

2日目に夕立に遭った他はお天気にも恵まれた2泊3日の被災地ツアー、最終日の報告です。参加された4人は皆さん一様に、参加して良かったと言い、何度もボランティアで福島に来ているSさんからは、「防護服を着て帰還困難区域に入ったのは初め…

第34回:被災地ツアー報告(2)「10年経っても、廃炉の道は見通せない」(渡辺一枝)

6月に福島各地を訪ねた被災地ツアー、2日目の報告です。まず富岡町に行き、午後に浪江駅前の会場で上映されるアニメーション映画を見るために浪江町に一旦戻りました。その後再び富岡町を経て楢葉町の伝言館を訪ねてから、宿泊予定のいわき市の古…

第33回:被災地ツアー報告「避難する時、ご先祖たちに家を守ってくださいとお願いして避難したんです」(渡辺一枝)

昨年に続いて、今年も友人たちを誘って被災地ツアーに行きました。6月24〜26日、今野寿美雄さんのガイドで福島県の浪江町、双葉町、大熊町、富岡町、楢葉町を回りました。参加者は私を含めて5名でした。内2人は何度かボランティアで福島を訪…

第32回:おコウばっぱの話──「色々あった、戦争もあった、だけどいい人生だったって、私は思う」(渡辺一枝)

飯舘村では、菅野榮子さんに聞かせてもらう話がいつも心に残ります。今回もまたとびきり印象深い話を聞かせていただきました。私は常々、榮子さんという人は「土に生きる哲学者」だと思っているのですが、その榮子さんのルーツにはこんなお婆ちゃ…