2018年1月17日

9条護憲の根本を考えたい(水島さつき)

2018年は「正念場の年になる」と昨年末より言ってきましたが、今年はマガ9の本来の中心的テーマである、「憲法9条改憲」すなわち「憲法に自衛隊を明記するとはどういう意味を持つのか?...

第90回:2018年改憲の動きにどう向き合うか

読者のみなさん、今年最初のコラムとなります。本年もよろしくお願いします。さて、昨年は各党で改憲論が具体化した年でした。2018年はその議論がいっそう進行するでしょう。改憲に前のめりな...

森永卓郎さん×井上智洋さん(その2)「雇用」は崩壊し、中間層も消滅。大格差時代の到来!?

近年、加速度的にテクノロジーの進歩が進み、2030年には汎用人工知能開発の目処がたち、第4次産業革命が起きる、との専門家の見立てが...

第435回:「信教の自由」と「子どもの人権」のはざま〜『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』を読んで〜の巻(雨宮処凛)

以前、親が亡くなって児童養護施設にいた人に取材した際、衝撃的な話を聞いたことがある。自分...
「言葉の海へ」鈴木耕

第19回:魔法の言葉は「北」と「カネ」か(鈴木耕)

年が明けて2週間ほど。なんとなく正月気分も抜けて、世の中もぼく自身の周りも日常を取り戻している。普通の生活…。新聞もTVも、同じパターン。あまりいいこともない。それが日常。ぼくの新聞...

2018年、理想に一歩でも近づくために

新しい年が来ました。新しい年には、新しい気持ちが必要です。私たち「マガジン9」スタッフも気持ちを新たにして、2018年に挑みます。安倍首相が、いよいよ憲法改定への意欲を露骨に示し...

森永卓郎さん×井上智洋さん(その1)株価は上がってもデフレ脱却ができないわけ

近年、加速度的にテクノロジーの進歩が進み、2030年には汎用人工知能開発の目処がたち、第4次産業革命が起きる、との専門家の見立てが...
教育全体に、「道徳」的価値観が持ち込まれつつある

鶴田敦子さんに聞いた(その2):教育全体に、「道徳」的価値観が持ち込まれつつある

2006年、第一次安倍政権下で行われた教育基本法の改訂。その内容は、教育への国家の介入の歯止めをなくし、「教育の目標」に道徳心や愛国心の...

第434回:大晦日の炊き出し現場、そして「明日を生きてもいいですか」デモ。の巻(雨宮処凛)

大晦日の夜、その人はスーツ姿で都内の炊き出しに並んでいた。背中には大きなリュック。片手で重そうなトランクを引いている。 並んでいるのは...

第45回:「河」と広島(木内みどり)

「河」広島の青春群像。平和運動の原点を照らす。四幕。1973年度 小野宮吉戯曲平和賞受賞あの名作「河」が30年ぶりに蘇る。2017年12月23・24日 /全4回公演。@広島市横川シネマ 画家・四國五郎さんの息子さんである四國光さんから...

第60回:真剣になっても深刻にならない心(想田和弘)

元旦、妻から「今年の抱負は?」と聞かれて何かを答えた。ところがその数日後、恐ろしいことに何て答えたのかもう忘れていた。最近の忘却力はすごい。そこで別の抱負を考えた。「真剣になっても...

第127回:“国会に来ない総理大臣” ワーストは、この人!(南部義典)

新年おめでとうございます。ことしも、当連載をよろしくお願いいたします。「平成」も30年を迎え、来年4月30日、ついにその歴史に幕が下ります。そんなわけで、今回は、平成政治の振り返りに...
「言葉の海へ」鈴木耕

第18回:米軍基地を考えながら(鈴木耕)

2018年、最初の「マガジン9」の更新です。明けましておめでとう…と書くのが当たり前だけれど、今年のぼくはそう書けない。なにしろ2年つづきの喪中。一昨年、昨年と、親族が相次いで旅立って...

弁護士過疎地域での業務と課題~自分の経験から皆さま方に伝えたいこと 講師:大窪和久氏

裁判所の支部があっても、その支部管轄内に弁護士が一人もいないか、もしくは弁護士がいてもその数が非常に少ない地域のことを「弁護士過疎地域」...

『ドリーム』(2016年米国/セオドア・メルフィ監督)

「NASAでは、誰でも小便の色は一緒だ。これからは近くのトイレに入れ」アメリカ航空宇宙局ラングレー研究所のハリソン本部長は、トイレに掲げている「COLORED ONLY」(黒人専用)の看板を...


マガ9のメルマガ

メルマガ9

↑メールアドレスを入力して、ぜひ『メルマガ9』にご登録ください。毎週、更新ニュースを送らせていただきます。/Powered by まぐまぐ

登録解除はこちらから↓