2018年7月19日

雨宮処凛さん×清田隆之さん(桃山商事)(その2)こじらせ男子とサブカル時代の闇

2016年のマガ9鼎談「女性の生きづらさ、男性の生きづらさ」で、日本社会におけるセクシャルハラスメントやジェンダー問題を言及することの...

第453回:「小田原ジャンパー事件」、その後〜「誰もやりたがらない仕事」から、「もっともやりがいのある仕事」へ。の巻(雨宮処凛)

歴史的な、記念すべき集会だった。その日、何人もからそんな声をかけられた。私もまったく同じ思いだった。貧困問題にかかわり始めてから12年...

第15回:金銭の授受がなくても贈収賄は成立する――「もり・かけ疑惑」は「汚職」、その贈賄側は?(柴田鉄治)

息子を合格させてもらう見返りに、大学に便宜を図った」として、文科省の現職局長が収賄容疑で逮捕された。このニュースを見ていて、改めて考えた...

第6回:ここがポイント!国民投票法の改正案(南部義典)

1月22日に召集された第196回国会(通常国会)は、会期が1カ月間延長となり、7月22日まで(会期182日間)となりました。国会法の規定によって、通常国会は会期の延長が一回までと...
「言葉の海へ」鈴木耕

第39回:「SNS」が持つ政治破壊の力(鈴木耕)

暑いですねえ。暑さの中のボランティアの方々には、ただただ頭が下がります。ここまで暑いと、ぼくなどはやはり思考力が停滞気味。それに、ぼくは「高齢者教習」を受けなければ、免許更新が...

どうして「夫婦別姓」裁判を? 柏木規与子さんに聞いてみた(西村リユ)

マガ9でもおなじみ、映画作家の想田和弘さんが今年6月、長年のパートナーであるダンサー・映画プロデューサーの柏木規与子さんとともに、選択的夫婦別姓をめぐる訴訟を東京地裁に提起されました...

7/28㈯「刑務所から考える、ソーシャル・インクルージョン」山本譲司さん × 江川紹子さん × 鈴木邦男さん

障害や病気があるがゆえに差別され、食べる物に困って万引きなどの軽微な罪を犯す……。日本の..

雨宮処凛さん×清田隆之さん(桃山商事)(その1)なぜ、男性はすぐに不機嫌になるのか?

2016年のマガ9鼎談「女性の生きづらさ、男性の生きづらさ」で、日本社会におけるセクシャルハラスメントやジェンダー問題を言及することの...

第452回:麻原彰晃をはじめとして7人の死刑執行。の巻(雨宮処凛)

オウム真理教・麻原彰晃をはじめとして7人の死刑が執行された。「オウム事件真相究明の会の立ち上げ記者会見をしたのが6月4日。それからわずか1ヶ月での死刑執行だった。執行前日には、会での...
「言葉の海へ」鈴木耕

第38回:重大な出来事が多発、日本列島が揺れている…(鈴木耕)

沖縄へ行ってきた。1年ぶりの沖縄。カミさんの母が今年2月に亡くなった。97歳になってすぐだった。むろん悲しかったけれど、4年間に及んだカミさんの苦労を思えば、少しはホッとしたのも事実...

あなたは「受刑者」を受け入れられますか?~マガ9学校 7月28日(土)「刑務所から考える、ソーシャル・インクルージョン」を企画した理由~(越膳綾子)

多様性を受け入れる――。ここ数年で、そうした意識を持つ人はずいぶん増えたのではないでしょうか。企業のダイバーシティは進み、身体障害者や...

優生保護法はウーマンリブの味方だった?!(田端薫)

「優生保護法」と聞いて遠い日の記憶がうずくのは、ウーマンリブ運動華やかりしころに青春時代を過ごした団塊世代の女たちではないだろうか。私もその一人。女たちは女性解放の旗を掲げ、性の...

『焼肉ドラゴン』(2018年 日本/鄭義信監督)

同名舞台を見る機会を何度か逸していたので、せめて映画でと足を運んだ。『ALWAYS三丁目の夕日』が東京タワー完成間近の日本人を描いたとすれば、この作品はそれから十数年後、大阪万博前後の...

宮澤弘道さんに聞いた:道徳は、学校で教えるべき「学問」ではない

今年の4月から、全国の公立小学校で、道徳の「教科化」がスタートしました。教えられるのはどんな内容なのか、「教科化」によって授業はどう変わり、子どもたちにどんな影響を与えるのか...

第66回:裁判の原告になる——国を訴えた2件の訴訟(想田和弘)

「港町」と「ザ・ビッグハウス」という2本の新作映画のキャンペーンやトークのため、「寅さん」のごとく日本中を旅して歩いている。それだけでも死ぬほど忙しいのに、そんな中、まさか自分が国を...


マガ9のメルマガ

メルマガ9

↑メールアドレスを入力して、ぜひ『メルマガ9』にご登録ください。毎週、更新ニュースを送らせていただきます。/Powered by まぐまぐ

登録解除はこちらから↓